読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

趣味ブログ

記事にしたいものをダラダラと…。

宮崎駿監督が長編映画に復帰、その内容とは…。

NHKで放送された「終わらない人」では、ジブ

 

リ美術館で上映予定の短編映画「毛虫のボロ」

 

と同時に、長編映画への復帰をチラつかせてい

 

宮崎駿監督。

 

日本のみならず世界中から熱い視線を浴びてい

 

ました。

 

映画に打ち込む姿勢が厳しいことで有名な宮崎

 

監督なので、再び長編映画に復帰するというの

 

も厳しいハードルではないかと私も溢れそうな

 

期待を抑えて、なるべく期待しないようにしな

 

いようにと待っていました。。。

 

そして今日2017年2月24日、宮崎駿監督の長編

 

映画復帰が正式に発表されました!

 

 

第一報は共同通信

https://this.kiji.is/207739103218419189

 

 

何度も引退発言を繰り返してきた監督ですが、

 

作品のたびに引退を考える気持ちで全力で臨む

 

ため、毎回力尽きるみたいですね。

 

風立ちぬ」の時は引退会見まで開いたので、

 

さすがにもうこれが最後か、と思った方も多い

 

と思います。

 

この記者会見も、元々は開く気がなかったそ

 

う。簡単な取材を監督のアトリエで済ませるは

 

ずが、取材依頼が殺到しすぎてあのような大き

 

な場での会見になったそうです。

 

「引退詐欺」と言われるところもあると思いま

 

す。監督自身は毎回静かにフェードアウトする

 

気でいたようですが、期待が大きいゆえに周

 

りが黙ってないという状況のようです。

 

どちらにせよ、ファンである私からしたら嬉し

 

い話、それ以上でも以下でもありません。

 

 

 

今回は、その「長編映画」がどのような作品に

 

なるか、今までのパターンから推測していきた

 

いと思います。

 

 

宮崎駿のための作品

紅の豚」「風立ちぬ」あたりがそうでしょうか。趣味なども混ぜ込まれた、あまり視聴者媚びのない作品。

 

 

②メッセージ性が強烈な作品

もののけ姫」「風の谷のナウシカ」あたりがそうでしょうか。宮崎監督の作品はいずれもメッセージ性が強いですが、特に強烈なもの、警笛を鳴らしているような作品。

 

 

③原点回帰!子供のための作品

となりのトトロ」「崖の上のポニョ」などがそうでしょうか。宮崎監督は子供に対して強い思い入れがあるような気がします。小さな子供を笑顔にさせるような作品。

 

 

④バランスがとれた作品

千と千尋の神隠し」「ハウルの動く城」「天空の城ラピュタ」などがそうでしょうか。全て個人的な判断になりますが、①〜③のいずれにも属さないであろう作品です。

 

 

 

これが私の推測できる大分けです。

 

細かい内容までは皆さんの想像にお任せしま

 

す。

 

NHK放送の「終わらない人」では、

 

宮崎『もうリタイアを宣言した人間が作るんだから。「ああ作らざるをえなかったんですね」っていう内容を作らないとダメだよ。「作らなくていい」って言った人間が作るんだから。』

 

と発言しています。

 

そして、番組の発言だけを参考にすると、今回

 

も手書きでやるようです。

 

以上の内容を踏まえて、個人的には…

 

 

ではないかと思います。

 

番組では、宮崎監督にとって「生命に対する冒

 

涜」と見られるようなCGのプレゼンがあり、

 

それに対して…

 

宮崎『地球最後の日が近いって感じがするね。人間のほうが自信がなくなっているからだよ。』

 

と…。

 

また、宮崎監督の思想とは逆に進んでいく現代

 

(憲法改正の問題など)とのギャップからも何か

 

推測できそうです。

 

 

 

 

完成予定はオリンピック前の2019年

(番組参考)

 

君の名は。」で注目を浴びた新海誠監督も次

 

回作が2019年になるそうです。

 

アニメ業界のクリエイター不足に加え、手描き

 

に慣れている人がどれくらい集まったのか…。

 

厳しい環境なので、宮崎監督が必ずしも2019年

 

に完成させるとは限りませんが、楽しみにその

 

時を待ちましょう!